後悔とは

僕は24年間生きてきて、自分の人生に後悔したことは一度もない。



あぁすればよかった、こうすればよかった。
と思ったことは、試合後だけ。



もし、明日この世からいなくなったとしても、後悔などしない。



なぜなら、それが自分の人生なんだ。
と思うことができるから。


後悔するという事は、
その瞬間、自分の信念を貫いていないから。
自分に嘘をついているから。
人間、ブレたら必ず後悔をする。


例えば、思うような結果が出せなかった。
貢献することができなかった。



それは悔やむことではないと僕は思う。

反省することである。


反省は毎日する。


試合後、自分が憎くて、殴り倒したくなることなんて何度もある。

自分の言動で相手がどう思ったかを気になりすぎて、何日もモヤモヤすることもある。

ただ、うまくいかなかったら、悔いることではなく、今の自分の実力。何が足りなかったかを考えて、反省すべきだと思う。


そうしないと進歩はない。


振り返って悔やんでる暇は僕にはない。


だからあえて、あのような言葉を用いて、コメントさせて頂きました。
ねじ曲がって伝わっていたら本当にすみません。



くやしい気持ちも、申し訳ない気持ちも、不甲斐ない気持ちも、もちろんたくさんあります。



ただそうなったのも、今の自分の実力。
何かが足りないのである。




しっかり、現実を受け入れて、毎日自問自答する。







そうして前を向いていく。


それの繰り返し。



自分の人生を振り返って、後悔するのは、


死ぬ間際でいい。




ただその時も自分はこう言える自信がある。





後悔などない。と


古田寛幸