セレッソ大阪戦

アウェーセレッソ戦。



J2の中でも屈指の戦力。




そして、連勝中という好調の相手だった。





多少情報はあったが、やはりベンチで見てても、かなり相手は身体が重たそうだった。


明らかにコンディションは悪そうだった。





ただ、個の力があるので、失点も早々にしてしまい、決定的な場面もそんなに作れてはいなかった。




そんな中でも、結果的にしっかり追いつくことが出来たのは収穫。



今までは、取られたら追いつくことは出来なかった。



今回は、チームとして、最後まで諦めない気持ちが、引き分けに持ち込むことが出来たと思っている。



個人としても久しぶりの途中出場という事で、流れを変えることしか考えていなかった。



過去の試合では、途中から出ても、試合の流れに入れないまま終わってしまうことがほとんどだった。





それについては去年学んだことがある。



伸二さんのプレー。



小野伸二さん。






途中から出た時の伸二さんのプレー。







試合の流れがガラッと変わる。





短い時間でも誰よりもボールに触れる。




そして決定的なプレーを必ずする。






伸二さんは天才とよく言われるけど、自分が出たら、ピッチの上でどういうプレーをすべきかを誰よりも知っている。

常に考えている。


一緒にプレーして、学ばせて頂いた。









展開は、中盤がルーズだったこともあり、久しぶりにシュートまで行く仕掛けをすることが出来た。


ただあの決定機は決めなければいけない。


それだけで全然違う結果。


練習するのみ。











セレッソにも知り合いがたくさんいた。


達さんはJ1に昇格した年に一緒に戦った。


相手に振り切られてるところをほとんど見たことがないくらい、対人が強かったし、お世話にもなった。




タカは昔からの代表仲間。


タカからのクサビは本当に受けやすい。


また一緒にプレーしたいな。






健勇も代表で一緒にやってた。



最後は健勇にやられてしまった。










そして、曜一朗君。






自分は、中学生の時に曜一朗君を見て、衝撃を受け、必ず高校生のうちにプロになろうと思った。


プロには、「なりたい」


ではなく、


「なる」と思わせてくれた選手。














今回、セレッソ相手に善戦したのは前向きに捉え、

ただ課題をしっかり改善し、満足することなく、

またいい準備をしよう。












あっ、あと安も見に来てくれていた。

安はコンサジュニアユース、ユースの同期で、まさかのコンサユースから東大に進学した、これまた天才である。





昔から色んな話をしたな。



安とは話していて面白いし、いつも深い話になる。


でも頭は良いけど少し天然ちゃんである。


でもみんな社会に出て頑張ってるな。





俺もやるか。





古田寛幸