MROラジオ

今日はMROラジオ 、

「達洋・まさひこのアディショナルタイム」

に出演させて頂きました。


放送は4/2(土)12:10-12:40放送です!





若干やらしい内容になっておりますので(笑)
皆さん是非!聴いてください。



やっぱり喋るのって楽しいね!




意外とか言われるんだけどね、喋るの好きなんだよ(笑)




普段はあんまり喋んないんだけどね。



基本的にはバリア張ってる感じだよね。



良くないよね。



でもスイッチ入ったら喋るよね。








学生時代は喋らなかったよね。




クールだったよね。




いや、クール気取ってたよね。




ってか、人見知りだったよね。




おかげで近寄り難い存在になってしまってたよね。




結果、卒業アルバムの寄せ書きのページ、
半分しか埋まらなかったよね。






残りの半分のページは、あたかも誰かに書いてもらった風に自分で書いたよね。







切ない話しだよね。













でも、友達はたくさんいるんだよ。






その分、深い深い友達がいるよ。





大事にしてるよ。














そんな人見知りの僕が喋るようになったキッカケがあったよ。



















それは中1の頃。






エリートプログラムという、全国からたくさんの選手が集まって、いわゆる代表の選考合宿があった。







そこで、栄養学を学んだり、コミュニケーションスキルという、「喋るスキル」を上げるための授業だったり、もちろんトレーニングもした。






約100人くらいの選手が集まって。



もちろんうまいやつらばっかり。




そこに元気とかタカとか茨田とか各チームにたくさんの代表仲間ができた。






そこで生き残っていくためにある先輩から合宿中に言われたこと。





人見知りで、誰とも喋ってなかった自分に、














「ヒロ、色んな人とコミュニケーション取らないともったいないぞ。」




















この言葉を聞いて、今のままじゃ100人くらいいる中から代表に生き残っていけない。。。





と思って、変わることができた。















自分にとって、サッカーは人生の全て。













ここに自分の喜怒哀楽全てが詰まっている。















サッカーが自分を変えてくれた。















スポーツは人格まで変えることができる。

















目的があって、本気で行動すれば、人は変わることができる。
















その先輩の言葉

そして、

サッカーが


















自分の人生を変えてくれた。
































そんな古田寛幸がゲスト出演したMROラジオをお聴き下さい。







どうぞ(笑)