横浜FC戦

ホーム横浜FC戦。



今年の横浜FCは、例年の戦い方よりかなり手堅くくる印象だった。




ゴール前をしっかり固めてきていた。





分析していた通りではあったのだが、やはり前半の失点が痛い。




特に2失点目は完全に自分の絞りの甘さからだったと思う。



ウイングバックは札幌でやり慣れてはいて、スリーバックの脇のスペースがやはりウィークになるので、気をつけてはいたが、一瞬ポジション取りが遅れてしまった。




もったいない失点をまた繰り返してしまった。




ただ相手が引いてきたこともあり、主導権を握ることはある程度できた。




それが得点にも繋がったと思う。




サイドからの攻撃を主に、一瞬空いたスペースからビョン君のゴールをアシストする事ができた。




ウイングバックは攻撃でのポジショニングは制限されるが、ドリブルは仕掛けやすい。




ある程度、どのポジションでも自分のプレーの出し方を覚えてきた気がする。






やはりセットプレーだけではなく、流れの中からの得点をもっと増やしていかなければならない。







そのためには、ボールを動かし主導権を握り、ゴールへ全員が仕掛けていく。



どこかでリスクを冒さなければ得点は簡単には奪えない。

















今回の結果をまたしっかり受け止め、反省し、練習で改善していく。






その繰り返しである。








まだ始まったばっかり。







という戯言はもう通用しない。








古田寛幸