【人類の先輩に好かれる接し方】

===========================
優しくすると上機嫌!!
怒らせるとかなり怖い、、
私たちが絶対に逆らえない偉大な存在とは…
===========================
 
今すぐ「健康になりたい!」
というアクションタイプの方へ
 
具体的なアプローチを
1つずつ話していきます。
 
 
ここまでは
 
①綺麗な水を飲む
 
②フルーツジュース&野菜ジュース
を飲む
 
③クオリティの高い食事
 
④日本伝統食を食べる
 
をシェアしました。
 
 
↑①、②、③、④については
過去の記事で具体的に説明しているので
そちらを参照してください。
 
 
今回はアプローチの
5つ目です。
 
___________________________
 
 
⑤発酵食を食べろ!
 
発酵食であるキムチや納豆を
食べてください。
 
 
基本的に発酵食はかなり身体に
とっていいものです。
 
 
腸内菌が増えます。
 
 
良いものを食べると
腸内菌が喜びます。
 
 
逆に悪いものを食べると
腸内菌が怒り出すのです。
 
 
私たちは腸内菌に
エサを与えてるだけなんですよね。
 
 
腸内菌を育てるために
ご飯を食べているんです。
 
 
『菌に生かされている』
のです。
 
 
しかし、現代人は
様々な『菌』を毛嫌いしています。
 
 
何かあれば、すぐに消毒、殺菌…
『菌』を猛烈に敵視しています。
 
 
昔の日本人は
『菌』をうまく利用し、
 
「発酵」というテクニックを使って
菌と共に生きていました。
 
 
それを忘れた現代人は、非常に
菌に弱い身体になってしまいました。
 
 
菌を敵視した罰です。
 
 
こういう話しがあります。
 
 
土を手の平ですくいます。
 
 
その手の平ですくった土の中には、
 
「約600万年の人類の歴史の中で、
この世に生まれてきた人間の数を
合計した数以上の菌がいる」
 
そうです。
 
 
600万年の間に、どれだけの人間が
生まれてきたかわからないですが、
 
たった手の平ですくった
土の中にいる菌の数の方が
人間の数より多いんですよ。
 
 
私たち人間が、
地球に生まれるずっとずっと前から
もうすでに菌は存在していたんです。
 
 
偉大な先輩たちなんですよ。
 
 
それを
殺菌!滅菌!除菌!
とか言っても、
 
1人のひょろひょろのガリ勉くんが
100人のゴリゴリのヤンキーに
歯向かうようなものです。
 
 
私たちが逆らうには
無謀なバトルだと思いませんか?
 
 
殺菌、滅菌にばかりフォーカスして
色んな商品が店頭に並んでいます。
 
 
全てマーケティングです。
 
 
もちろん、
衛生状態が整ったおかげで
様々な病気が治りました。
 
 
ただそれと同時に、
昔にはなかった病気が増えています。
 
 
もう少し、
この自然界にあるものを愛し
 
 
『菌と共存』することを
考えてみませんか?
 
 
古田寛幸

0コメント

  • 1000 / 1000