【あなたの身体の特別な臓器】

=========================
自分の身体は自分で守れ!
僕たちの身体は悲鳴をあげている!?
知れば必ず救える内臓の正体とは…
=========================
 
今日は
『同化テクニック=食べ合わせ』
について話しをする時に
 
 
絶対に避けては通れない
『膵臓(すいぞう)』
について話していきます。
 
 
かなりズームインした
複雑な内容になっていきますが、
 
 
膵臓については
深いところまで入っていく
必要があるので、
 
どうか慎重に
読み進めていってください。
 
________________________________
 
 
まず最初に言っておきたいのが、
 
食べ合わせを間違えると
膵臓に物凄く負担がかかります。
 
 
その結果、
膵臓がんや膵炎になる可能性が
圧倒的に高くなります。
 
 
そして、
治療が相当難しくなります。
発見もかなりしづらいです。
 
 
発見できたとしても、
手術の成功率が一桁台と
言われています。
 
 
僕たちの
食べ方や食べ合わせで
膵臓が悲鳴をあげているのです。
 
 
なので、あなたが
膵臓のことを詳しく
知ることによって、
 
あなたの身体を
癌から救う方法や、
 
身体の中の精密なメカニズムを
深く理解できるようになるので、
 
必ず最後まで読み進めてください。
 
 
だから、まずは
膵臓についての細かい情報を
理解する必要があります。
 
 
詳しく入っていきます。
 
  
膵臓は大きく分けて
2つの仕事をしています。
 
 
①消化器系の仕事(外分泌)
②ホルモン系の仕事(内分泌)
 
特に今回は①の
消化器系にフォーカス
して話していきます。
 
 
消化器系の臓器は管腔(空洞)
なものが多く、1つのパイプの
ようになっていますが、
 
膵臓と肝臓だけ、空洞ではなく、
独立して突出しています。(特別な臓器)
 
 
これがまずは、
他の臓器との大きな違いです。
 
 
膵臓の大きさは、
 
長さ=15〜18cm
幅 =3〜5cm
厚さ=2cm
重さ=60〜80g
 
細長い臓器であることがわかります。
 
 
膵臓は、
膵頭(すいとう)、膵体(すいたい)、
膵尾(すいび)からなっており、
 
膵頭が十二指腸に埋まっている感じです。
(このポジションがかなり重要)
 
 
十二指腸の病気になると、
このポジションにより、膵臓にまで
ダメージを与えてしまうのです。
 
 
しかも、膵臓は
無数の動脈や静脈が
通っています。
 
 
これらのことから
膵臓に問題が起きた時は、
膵臓だけではなく、
 
他の周辺臓器のことも考えないと
いけません。
(特に肝臓デトックスが重要)
 
 
膵臓の仕事の99%は、
外分泌(消化)です。
 
 
膵臓が出す外分泌液は
「膵液」といって、
 
食事をした時の
消化のサポートをしています。
 
 
その膵液は1日に1ℓから1.5ℓ
消化のために分泌しています。
 
簡単にプロセスを説明すると、
 
消化に悪いものを食べる
                  ↓
膵臓の仕事が増える
     ↓
膵臓の病気になってしまう
 
という流れです。
 
 
僕たちが食べ合わせを
めちゃくちゃにしてしまうと、
膵臓が酵素をたくさん分泌して
 
かなりの重労働になります。
 
 
膵臓の病気の主な原因は
タバコ、アルコール、
暴飲暴食で
 
膵臓に負担をかけまくった
結果と言えます。
 
 
その際も、
膵臓は自己消化をしないように、
 
作動する時、停止する時を、
自身でコントロールしています。
 
 
膵臓が自らを
消化してしまわないように、
 
物凄く複雑なシステムが
あなたの身体には組み込まれているのです。
 
 
なので、
胃薬、解熱剤、風邪薬、痛み止め
などを飲んだり、
 
食べ合わせを
めちゃくちゃにしたりすると、
 
まるで、
精密なコンピューターのような
僕たちの身体を、
 
完全にバグられてしまうのです。
 
 
このことから、
僕たちの食生活が、
僕たちの内臓、
 
特に、
膵臓にかなりの負担をかけ続け、
酷使し続け、重労働をさせて、
 
完全に疲れ果ててる状態と言えます。
 
 
膵臓が疲れ果てると、
僕たちの身体に
様々な変化が現れてきます。
 
 
しかし、僕たちは
身体の不調が、まさか
食べ合わせが原因だとは思っていません。
 
 
もしかすると、
もうすでに僕たちの内臓は
 
まるで、
廃棄寸前のガラクタ機器のように、
 
正常に機能することさえも
できていないかもしれません。
 
 
だから、薬での
「対処療法」ではなく、
『予防』が一番大切であり、
 
今すぐにでも、
 
出来るだけ消化に負担のかからない
『食べ合わせのルール』を
守る必要があるのです。
 
 
その『食べ合わせ』の
基本的なルール、
 
そのアプローチをこれから
シェアしていきます。
 
 
古田寛幸
 
追伸:
 
今回の話を聞いて、
感じたこと、学んだこと、
これをやってみようと思ったこと、
 
その他
疑問、質問など
 
何かあれば、
どんなことでもいいので
下にコメントをください。
 
 
今後の配信の参考にさせて
いただきます。
 
 
僕が全てお答えします。
宜しくお願い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000