【内臓を粉々にする最低の食べ合わせ】

=========================
あの組み合わせが悪夢の始まり…
絶好調を毎日維持できるあるルール!
不調の原因がまさかこんなところに…
=========================
 
前回は、アプローチの1つ目、
 
①フルーツは必ずフルーツのみで
食べる!
 
をシェアしました。
 
 
「フルーツを一食として考える」
という発想自体なかったと思います。
 
 
僕たちは、
「一食で全ての栄養素を
バランス良く摂取しなさい!」
 
と習ってきたと思います。
 
 
だから、給食などを見ても、
フルーツもついて、
牛乳もついて…と
 
間違った栄養学から学び
社会全体的に、そのような
食事が正しい!
 
 
と、認識されています。
 
 
しかし、僕がこれから
話していく食べ合わせを
きちんと守っていくと、
 
本当に劇的な身体の変化を
感じることができます。
 
 
僕自身、物凄く
胃もたれをしやすい体質でした。
 
 
少し油っぽいものを食べたり、
刺激が強いものを食べたりするだけで、
 
すぐに胃もたれをしたり、
お腹が痛くなったり、
 
とにかく、食事が
楽しくなかったんです。
 
 
そんな自分を、
「体質だから仕方ない」
 
と諦めていました。
 
 
しかし、
この食べ合わせを学び、
実践していくと、
 
全く胃もたれがなくなり、
いくら食べても
スムーズに消化しているのが、
 
手に取るようにわかるんです。
 
 
食べ合わせのルールを実践して、
身体がどんどん進化していくと、
 
たまに
食べ合わせのルールを無視した時に、
 
なんとなくお腹の調子に
違和感を感じるようになります。
 
 
それくらい、
身体は正直にできていて、
 
食べ合わせを守っている時は
内臓が進化していっているので、
 
たまにルールを無視した時に
僕たちの内臓が
違和感を感じるんです。
 
 
おかしいって。
めちゃくちゃ負担かかってるって。
 
 
普段何も意識していない
僕たちは、
あまりそんなこと感じませんよね?
 
 
慣れてしまっているんです。
内臓に負担がかかっていることに。
 
 
一番怖いですよ。
 
 
知らず知らずに身体がむしばまれ、
気付いた時には
 
病気になって、
ガリガリになって、
 
トイレさえも一人で行けずに
常に誰かのそばにいないと
生きられない人生なんて。
 
 
本当に恐怖だと思います。
 
 
だから、今のうちから
しっかり食べ合わせを守ることで
 
あなたは、日常的に
内臓に負担をかけず、
 
なおかつ、食材の栄養素を
120%吸収することができ、
 
周りのみんながどんどん
老化して痩せ細っていく中、
 
あなただけは、
筋肉モリモリでナイスバディで
 
奥さんや旦那さんとも
生涯仲良く過ごすことができたり、
 
100歳まで現役で、
健康に生きられる未来が
待っているんです。
 
 
このタイミングで、
これを学べる
あなたはラッキーです。
 
 
こんなこと言っている人は
他にいません。
 
 
多くの人がこの理論を知らずに
人生が終わっていく中、
 
これを見ているあなただけには、
 
「最高にダイナミックな人生」
 
が訪れるんです。
 
 
毎日をダイナミックに過ごすための
アプローチ。
 
 
食べ合わせの
2つ目のアプローチを
 
今回シェアしていきます。
 
_____________________________
 
 
アプローチ②
 
『主食は1種類にしろ!』
 
 
主食=いわゆる「炭水化物」
 
は1種類にしてください。
 
 
主食を2種類以上にしてしまうと、
一気に内臓を破滅させる
引き金となってしまいます。
 
 
「主食って具体的に何ですか?」
というと、
 
・米
・パン
・麺
・じゃがいも
………
 
などです。
 
 
例えば、
 
・米+パン=アウト
 
・米+じゃがいも=アウト
(ご飯と、カレーのじゃがいも、
肉じゃが、ポテサラなど)
 
・米+麺=アウト
(チャーハン、ラーメンなど)
 
・パン+麺=アウト
(焼きそばパンなど)
 
 
実は、主食に分類されるものは
まだまだたくさんあるのですが、
 
ここで全ての主食を出すと
混乱するので、
 
現時点では、上に書いてある
メジャーな主食から、
 
「一食につき、1種類」
 
を選んで食べてください。
 
 
米の時は米、
パンの時はパン、
麺の時は麺、
 
じゃがいもの時はじゃがいも、
 
「じゃがいも」が主食というのは
意外かもしれませんが、
 
欧米では「ポテト」は
主食として食べます。
 
 
なので、例えばですが、
僕自身が食べ合わせのルールを
守っている1日の食事を書くと、
 
◆7時半、朝食
・フルーツを1種類選んだとしたら
(例えば、りんご)
 
◆12時半、昼食
・主食に麺を選んだとしたら
(例えば、パスタ)
  
◆18時半、夕食
・主食に米を選んだとしたら
(例えば、チャーハン)
 
※食事の間は最低5時間以上はあける。
 その間は基本的に何も口に入れない。
 (胃腸に休憩時間を与えるため)
 
 
という感じです。
 
 
これはあくまで、一例ですが、
このような流れで、
 
一食につき、主食は1種類、
 
主食を変えるなら、
5時間以上あけてから食べる。
 
 
簡単ですよね?
 
 
これだけで、ダイエットとか
いらないですよ。
 
 
主食は1種類、そして
間は5時間あけるって決めるだけで、
自動的に食べ過ぎを防げるんですよ。
 
 
どうしても、
米もパンも食べたくなったら
 
5時間あけるだけでいいんです。
 
 
「今日のお昼は何にしようかな〜♪」
 
と自分でチョイスするんです。
 
 
まるで、
パズルのピースとピースが
「カチッ!カチッ!」
 
とハマっていくかのように、
 
あなたが、
あなた食事を、
 
『カスタマイズ』
していくんです。
 
 
出来上がった食事は、
まさに『アート』です。
 
 
美しい食事に仕上がります。
 
 
我慢なんてしなくていいんです。
 
 
5時間あけて、
フルーツはフルーツ、
主食は1種類、
 
にするだけなんです。
 
 
これで例えば、僕が、
「パンはグルテン!
体に悪い!食べるな!」
 
とか言うと、
反発が起きると思います。
 
 
しかし、
「食べてもいいですよ〜
でも最低5時間はあけてね〜」
 
これだけですよ。
全く無理も我慢もゼロです。
 
 
だから、
あなたが今すぐにでも
実践できるアプローチは
 
〈STEP1〉
 
明日の朝食、昼食、夕食、
それぞれ何を主食にするのか
書き出す。
 
〈STEP2〉
 
それぞれ5時間あけて、
毎日何時くらいに食べるのか、
カスタマイズして書き出す。
 
 
 
この2ステップを踏めば、
 
あなたは自動的に
体脂肪も落ちて、
異性からモテるようになったり、
 
周囲から、
「あれ?なんかスマートに
なりました?」
 
と、魅力的な人間に変化を遂げ、
仲間がたくさんできたり、
 
内臓に負担がかからないので、
 
栄養が身体全体に行き渡り、
頭の回転も早くなって、
 
会社での成績が
2倍に上がるかもしれません。
 
 
でも逆に、
この食べ合わせを無視すると、
 
胃がムカムカして
一日中、絶不調で
 
仕事が手につかなく
上司に怒られたり、
 
脂肪が増えて、
お腹がボコンっ!と出てきて
 
すれ違った異性に
冷ややかな目で見られる
かもしれません。
 
 
僕自身もそうでした。
 
 
体脂肪も結構多く、
身体が重い日が続いたり、
 
すぐに胃もたれをして
女性より少食でした。
 
 
なので、あなたも
しっかり食べ合わせのルールを
守ることによって
 
あなたが思い描くような
未来を歩むことができ、
 
立てた目標を
次々に達成していけます。
 
 
だから、
これから話していく
様々なアプローチも
 
わかりやすく、簡単に
ステップバイステップで
お伝えしていきますので、
 
どうか、見逃さずに
毎日僕のホームページを開いて
 
僕の記事をくまなく
覗いてみてください!
 
なので、
【僕の投稿を見逃さないための方法】
  
 をお伝えします!
 
 
1.Googleで「アメーバID」と検索し、
新規登録から、アメーバIDを取得する
 
2.僕のホームページにいき、
画面上部の右上にある、
「ログイン/新規登録」をクリック
 
3.自分のアメーバIDを入力し、
ログインする

4. すると、僕のホームページ画面
右下に、「+フォロー」が出てくるので、
そこをクリック
 
 
以上です!
 
 
これだけで 
 
僕のホームページ更新を
お知らせしてくれるので、
 
ぜひ設定しておいてください!
 
 
追伸:
 
今回の話を聞いて、
感じたこと、学んだこと、
これをやってみようと思ったこと、
 
その他
疑問、質問など
 
何かあれば、
どんなことでもいいので
下にコメントをください。
 
 
今後の配信の参考にさせて
いただきます。
 
 
僕が全てお答えします。
宜しくお願い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000